写真を日常に・・・


by kamiyuiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子供撮りにつよいカメラ2 ~GR Digital Ⅱ

d0104128_8501114.jpg

GRD2


 前回は話がそれたので、今回はまじめに・・・。

 
 うちの子に限らず、最近の子供はカメラに興味津々である。それがデジ一眼だろうが携帯電話だろうが、写されている気配を感じるとポーズを撮る。ま、そういった写真が嫌いではないが、自然な姿を撮ろうとするとどうしても難しくなってしまう。

 ましてやうちの子供のように1歳ちょいだと、ポーズを撮らずに寄ってくる。当然オートフォーカスのピントが全然合わない。屋外ならシャッタースピードも稼げるが、屋内での撮影だとまずブレる。俗に言う「被写体ブレ」という奴だ。



 さて、ここで何故このような失敗が起きるか検証してみよう。


【まじめに】

 1・AF(オートフォーカス)の音で気がつかれる

 2・AFのタイムラグに動かれる

 3・カメラをイメージさせるデザインが子供の注意を引く


 
 ま、こんなところだろう。携帯電話だとパンフォーカスでAFのない機種はいいが、ちょっと性能のよいカメラを搭載しているとAFのタイムラグで子供が動いてしまい、思った通りの写真が撮れない。それにAFの早いキヤノンやニコンのデジ1だって、こちらに向かって動いてくる被写体はさすがにブレる。おまけにあんな大きなレンズを向けられたら、子供でなくても構えてしまうだろう。

 
【まじめに】

 そこでゲリラ撮影を敢行してみる。

 しかし失敗する。子供の察知能力を馬鹿にしてはいけない。お気に入りのTVでもみていない限り、子供の好奇心は360度展開している。

 当然、頭の後ろにも目がある。

 まるで漫画に出てくる剣の達人のように・・・。


 
 1・ カメラを構えてシャッターを半押し → 気づかれる

 2・ あわててシャッターを切る → すでにその場にはいない

 3・ 急いで子供に会わせてAFをあわせ直す → 加速している

 4・ もう子供の姿は目前に迫っている → レンズをベタッと触ってくれる(泣)


 

 これらを解決するのが高性能コンパクトデジカメだ。


 話が長くなったので、結論は次回・・・。




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-13 09:08 | GR Digital Ⅱ