写真を日常に・・・


by kamiyuiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
d0104128_15355799.jpg

GRD2 GIMP ブタの置物



 黒猫がマスコットキャラだったはずなのに、最近はブタがお気に入りらしい > うちの娘


 「ぶー ぶー」

 
 と言って、ブタのぬいぐるみや絵本のブタを指さすことが多い。


 先日は岐阜のアピタに寄った時、このブタの置物(1m強)のそばから離れようとしない。


「こっちおいで~、アイスたべよ~」


「うん」


 と言ってクリームソーダでひと遊びした後、またもやここに戻ってきて離れようとしない。


 流石にこれは買ってやれんぞ・・・置き場所ないし・・・。


 しばらくはブタのぬいぐるみで勘弁してね034.gif



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by kamiyuiya | 2009-02-21 15:42 | GR Digital Ⅱ

春まだ遠し ~GRD2

d0104128_12375061.jpg

GRD2 GIMP



 もうすぐ立春。


 ほんの少しだけ春の気配が見え隠れ。


 暖かい日がつづくと思えば、寒さに縮こまる日も。


 振り上げた足は喜んでいるようにも見える。


 そんな彼女も、4月からは保育園。


 最初はきっと泣くんだろうなあ・・・。
[PR]
by kamiyuiya | 2009-01-30 12:39 | GR Digital Ⅱ
d0104128_15301914.jpg

GRD2 速写 大体50cmくらいのピント




 色々話を引っ張ってきたけど(好きで伸ばした訳じゃない)、結局何が言いたかったのかと言うと、MF(マニュアル・フォーカス)ができるという事だ。

 MF機能のついたコンパクトデジカメというのは機種が限られていて、どんなカメラでもできるという訳ではない。

 価格.comの掲示板で情報を集めたところ、どうやら初代GRDに搭載されていた機能の中で、一部の人が絶賛していたのがこのMFを使った「速写」であるという。

 よく携帯電話で写真を撮るとき、シャッターボタンを押しても思い通りに写せないことがあるだろう。あれは携帯電話のAF(オート・フォーカス)が遅いために生まれるタイムラグが、被写体の動きをサポートできずにブレる失敗の一例だ。

 なので、このAFの機能を停止し、最初から被写体との距離を固定しておいて、カメラマンが前後してピントを合わせればタイムラグは生まれない。

 まあ、こういった説明だったと思う。

 スッゲ~と思ってしまった。

 そうか、コンデジ(コンパクト・デジタル・カメラ)のMFってそのためにあるんだ。

 目から鱗である。

 もちろん、鱗は落ちるんだけど。

 というわけで、色々試してみる。確かに失敗も多い。室内ではシャッタースピードを稼ぐためにしぼりが開放になってしまう。簡単に言えば、非常にピントの合う距離が短くなってしまい、目測をかなり練習しないと無理かもしれない。

 ただし、屋外なら絞りをすこし絞って写せば、簡単に速写ができる。

 ま、数あるテクニックのうちでも、ほとんど裏技に近い技だが、効果的だ。

 もしもGRDを子供撮影の為に購入検討している方がいれば、お勧めしたい。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-17 15:46 | GR Digital Ⅱ
d0104128_9542630.jpg

GRD2   ↑速写ってやつで写してみました



【エスパーと戦う方法】


 エスパー、もしくは達人と呼ばれる幼児達。


 我が家も世間の例にもれず、ハイハイが高速になるにしたがって、写真のヒット率が悪くなってきた。


 なんせ、カメラを構えた途端に突進してくるのだ。


 ピンぼけ写真のオンパレード。


 せっかくのデジ1(デジタル一眼レフカメラ)が・・・。



 泣くことしばし → 立ち上がる071.gif



 そうだ、泣いても始まらない。今日から父親の戦いが始まるのだ066.gif


 と決心したのが三ヶ月ほど前。


 んじゃ、三ヶ月間何をしていたのかと言うと、途方に暮れてました027.gif


 解決策が見あたらない。


 まるで出口のないお化け屋敷(それも従業員通路)を彷徨っているような。

 
 すれ違うのはメイク途中のお菊さんやのっぺらぼうさんばかり。


 そんな三ヶ月。


 長かった。


 長すぎて、途中飽きてしまいました。


 つまり、ブログが停滞していた時期です。


 ハイ、軟弱モノです。


 やがて強固な意志は物欲へと進化します。


 行き先は当然価格.comの掲示板。


 荒らしや宣伝マンのおかしな記事を読みつつ微笑んでいると、突然天啓が。


 そうです。「速写」という文字を目にしたのです。



 つづく・・・。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←日本ブログ村、入村しました。
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-14 10:12 | GR Digital Ⅱ
d0104128_945195.jpg

GRD2



 いつもお世話になってます>感謝(しぇいしぇい)


 これ、マルツエキスって言います。


 ずっとマルチエキスだと思ってました。


 子供のお薬です。×××を柔らかくする為のモノですね。


 ×××はご想像にお任せします。




 本当はお湯に溶かして飲ませるそうですが、うちの子、これを



 直接ねぶってました・・・・・。



 グルメじゃの~(^_^;)


 流石に飲み方が変と思ったらしく、しばらくしたら見向きもしなくなりましてん。


 最近じゃ野菜ジュースに溶かしてます。


 そうそう、この野菜ジュースも銘柄が決まってまして。


 子供用は見向きもしません。


 一体誰に似たんだか・・・。


 ちなみに私は好き嫌いはありません。


 何でもよく食べます。


 だから夏でも痩せません008.gif


 冬も痩せないけど・・・。


 マルツエキス飲んだら、痩せるかな?







にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←日本ブログ村、入村しました。
 
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-14 09:27 | GR Digital Ⅱ
d0104128_8501114.jpg

GRD2


 前回は話がそれたので、今回はまじめに・・・。

 
 うちの子に限らず、最近の子供はカメラに興味津々である。それがデジ一眼だろうが携帯電話だろうが、写されている気配を感じるとポーズを撮る。ま、そういった写真が嫌いではないが、自然な姿を撮ろうとするとどうしても難しくなってしまう。

 ましてやうちの子供のように1歳ちょいだと、ポーズを撮らずに寄ってくる。当然オートフォーカスのピントが全然合わない。屋外ならシャッタースピードも稼げるが、屋内での撮影だとまずブレる。俗に言う「被写体ブレ」という奴だ。



 さて、ここで何故このような失敗が起きるか検証してみよう。


【まじめに】

 1・AF(オートフォーカス)の音で気がつかれる

 2・AFのタイムラグに動かれる

 3・カメラをイメージさせるデザインが子供の注意を引く


 
 ま、こんなところだろう。携帯電話だとパンフォーカスでAFのない機種はいいが、ちょっと性能のよいカメラを搭載しているとAFのタイムラグで子供が動いてしまい、思った通りの写真が撮れない。それにAFの早いキヤノンやニコンのデジ1だって、こちらに向かって動いてくる被写体はさすがにブレる。おまけにあんな大きなレンズを向けられたら、子供でなくても構えてしまうだろう。

 
【まじめに】

 そこでゲリラ撮影を敢行してみる。

 しかし失敗する。子供の察知能力を馬鹿にしてはいけない。お気に入りのTVでもみていない限り、子供の好奇心は360度展開している。

 当然、頭の後ろにも目がある。

 まるで漫画に出てくる剣の達人のように・・・。


 
 1・ カメラを構えてシャッターを半押し → 気づかれる

 2・ あわててシャッターを切る → すでにその場にはいない

 3・ 急いで子供に会わせてAFをあわせ直す → 加速している

 4・ もう子供の姿は目前に迫っている → レンズをベタッと触ってくれる(泣)


 

 これらを解決するのが高性能コンパクトデジカメだ。


 話が長くなったので、結論は次回・・・。




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-13 09:08 | GR Digital Ⅱ
d0104128_1173755.jpg

GRD2

 GRD2買ってから、ほとんど正方形フォーマットのモノクロばっかり撮ってます。カラーの発色も綺麗なんだけど、コンパクトカメラにモノクロフィルムを入れて持ち歩いている感覚で使っちゃうんですよね。

 なんだか昔が懐かしいなあ・・・。
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-07 11:07 | GR Digital Ⅱ
d0104128_10131980.jpg

GRDⅡ

 まあ例のごとく、大した事は書けません>タイトル。ただ、ようやくモノクロフィルムと同じような感触のデジカメにあった気がしました>GRDⅡ

 と言ってもプロが撮影するようなモノクロではなく、学生の頃金もないのにモノクロフィルムで遊んでいた頃の一般庶民のモノクロ写真に戻ったような、そんな感じです。

 今までレタッチでモノクロ風にいじることはありましたが、面白いはずもありません。なんせ、ファインダーはカラーで、現像されたらモノクロ。当然どんな仕上げになっているか判らないビックリ箱的なおもしろさが白黒フィルムの醍醐味でした。

 情報量が少なかったからこそ、脳内で当時を再現させる楽しみがあったのに、カラーフィルムにそんな脳力を活性化させる喜びを見いだせないまま、近所のDPEでモノクロの現像が出来なくなり、次いで好きだったパノラマ写真の現像もアウトになるという憂き目にあい、それがデジカメに移行した最大の理由でした。

 遊び心とでも申しましょうか、私は写真に高画質を求めるのではなく、(脳に)刺激を求めるのです。だから、初期の頃のカシオQV770なんて最高に面白かったです。あの暗所で妙に赤味がかった写真が、オフ会での興奮を呼び覚ましてくれたんです。

 やがて何台かカメラを買い換え、そのうちサンヨーのデジカメを買うにいたっては、ボディサイズに対して画質があまりにも良すぎ、ハイテク日本におののきましたが、逆に刺激は減ってきました。

 そして今回悩みに悩んだあげく購入したGRDⅡですが、広角28mm単焦点で十分に遊べます。とくにモノクロでの撮影は色味をいじれるだけではなく、微妙にノイジーな画が昔を思い出させてくれます。これはハマルかもしれません。

 スナップも面白いけど、子供の撮影にはかなり適してます。理由はまた後日。




 
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-05 10:16 | GR Digital Ⅱ
d0104128_112426.jpg

GRDⅡ

 最近の奥さんは、子供服作りに凝っております。

 最初は買ってきた服をバラしてリフォーム(意味違うか?)しておりましたが、最近は型紙作って生地から裁断している様子。ロックミシンも購入しました。


d0104128_1126563.jpg


 うむうむ、良い出来です。

 しかし、一部屋完全に洋裁部屋になってしまったな。まあいっか。
[PR]
by kamiyuiya | 2008-08-04 11:28 | GR Digital Ⅱ
d0104128_15442538.jpg

FA43mm Limited F1.9

 空は闇に飲み込まれ、地上では橙色の花が咲く。提灯が沿道を照らし、その間を山車が練り歩く。そして千秋楽の始まりである。


d0104128_1546386.jpg

FA43mm Limited F1.9

 千秋楽は青年の芸とはちがい、この祭りのエピローグである。芸児達の芸も三日間の猛暑の中を耐えてきた貫禄を見せてくれた。

 演技を終えて終幕を迎えると、今度は父親とお世話係の青年団の人に担がれ、花道を去る。これで彼らの祭りが終わるのだった。


d0104128_16391087.jpg

FA43mm Limited F1.9

 結局FA43mm Limited F1.9では距離が足りなくて、出番はほとんど無かった。一番前の席を陣取るなら写せないこともないが、それだとかなり低い位置からの撮影となる。見上げる角度での撮影ならまた違った画が撮れたことだろう。

 というか、一番前の席なんて絶対に座れない。やはり望遠レンズの出番が多かった祭りである。来年も義弟は出す気マンマンで、甥っ子本人も出る気マンマンらしいので、来年まで練っておこう。


おわり
[PR]
by kamiyuiya | 2008-05-09 16:42